今回は「探偵になるには?資格は必要」というテーマで記事を書いてみようと思います。

探偵という職業自体それほどメジャーな業種ではないので探偵になるにはどうすればいいのかわからない方が多いと思います。

そもそも皆さんが思い浮かべる「探偵」というのはどういった「探偵」でしょう?

皆さんの一番イメージに近いもので言うと探偵社で社員と働く「探偵」「調査員」ですかね。

そういった探偵社で働く探偵であれば答えはシンプルです。

一般的な会社と同じように「探偵社」に問い合わせをし、履歴書を持って面談、採用となれば探偵になります。

一般的な会社と何も変わりません。

よく聞かれるのが「探偵学校に入った方がいいですか?」という質問ですが、答えは「NO」です。

探偵会社に入社する人間はほとんどが未経験で入りますし、探偵学校で多少の知識や経験を積んだからといってすぐに現場で活躍できるレベルになるわけではないので高い受講料を払うメリットはありません。

それなら探偵社に入って給料をもらいながらスキルを磨いた方がよっぽど有意義な時間の使い方です。

私の方でも会員制の探偵コミュティを運営しており、将来探偵になりたい方の募集もしていますが、基本的には探偵として独立したい方を対象にネットワークを作るというのを目的としています。

気になる方はぜひサイトをご覧ください

探偵ネットワーク

ネットワークを構築しておくのは探偵社の社員になったとしても、独立開業したとしても、役に立つからです。

探偵学校の場合も未経験から独立を考える分には選択肢としてはありですが、探偵学校では集客方法などは教えてくれないので開業に最も必要な集客という部分で上手くいかないのが現実です。

探偵社に入社ではなく、自分で開業して探偵になる方法でしたら

「探偵事務所を出す場所を管轄する警察署に行って探偵業の開始届けを出す」

これだけで探偵は開業できます。

一応、開始を認められない欠格事由はあるものの、普通の生活を送っている方であれば問題なく通ります。

なので探偵になるのは探偵社に入社するか開業届けを出すかという2択だけでどちらもすごく簡単です。

もちろん資格もいりません。

色んな団体が探偵にまつまる資格や認定証を勝手に作っていますが、国や法律とは関係ないので全く必要ありません。

探偵をやる上で唯一必須とも言える資格は車の免許証ぐらいです。

調査には車が必要不可欠なので免許証がないとせいぜい補佐がいいところで1人前の探偵にはなれません。

他にはバイクの中型か大型の免許があれば尾行の選択肢が広がるので探偵としての能力が他より高い探偵になれます。

あとは私も持っている行政書士の資格があると、調査後に必要となる書面を作成する事ができるのでアフターフォローまで万全にこなせる探偵になれます。

何はともあれ、探偵になるのに必要な資格はありませんので、まずは調査の基本を身に付けてから色んな資格を取って探偵としてスキルアップしていく事を目指してください。