弊社に相談に来られるお客様の中には「小型のGPSをレンタルしてカバンや財布に仕込んで自分で調査しようと思ったらバレてしまった」という方もいらっしゃいます。

特に最近はGPSが普及してきたので探偵業者でなくても簡単に小型GPSをレンタルする事ができ、素人の方が自分でGPSをカバンや財布、車などに仕掛けて恋人や配偶者の同行をチェックしようとする事案が増えています。

しかし、車はともかくカバンや財布に仕込むのであればどれだけ小型のGPSであってもバレる可能性が高いですし、プライバシーの侵害で訴えられる事もあります。

特に財布は1日の中で何回も開け閉めする物なので、そんなものにGPSを仕掛け続けてバレない方が不思議です。

ということで財布に小型GPSを仕掛ける事は絶対にやめてください。

カバンに関しては財布よりもバレるリスクは下がります。

女性が持つ小型のハンドバッグなどは隠すスペースがないので無理ですが、リュックやビジネスバッグのような大きさであれば仕掛けるスペースもあり、カバンを開け閉めしたとしても中身をくまなく探る事はそうありません。

しかし、何かのきっかけでカバンの中身を全て取り出したりカバンの中をまさぐる事はあるのでやはりリスクが高いです。

更に、GPSに気付かれるタイミングはGPSを仕掛けている最中だけでなく、仕込んだり充電の為に取り出すタイミング、同行を知った事によって態度の異変から気付かれたりなど様々な場面にあります。

GPSを仕掛けていることがバレてしまえば相手からの反感は必至ですし、それまで良好だった関係は崩れ、信頼関係を取り戻す事は難しいでしょう。

また、その様な行為がバレてしまえば相手が浮気していたとしても尻尾を出すことがなくなり、警戒心も高くなる為、バレてしまってから探偵に依頼したとしても尾行が難しくなってしまいます。

仮にバレなかったとしてもGPSを仕込んで得られる情報は位置情報のみ、それも建物の中などで電波が飛んでしまえば正確ではなく、決定的な証拠が得られる訳ではないので相手に言い逃れされる事もあります。

小型のGPSをカバンや財布に仕込むぐらいなら浮気調査を得意とする探偵に依頼するか、相手を疑う事をせず信用するという選択をする方がよほど賢明だと思います。

小型GPSをカバンや財布に仕込んで自分で浮気調査を考えている方はぜひ一度、冷静になってリスクとのバランスを考えた上で再度結論を出すことをお勧めします。